MENU

画像

【汚い状態でコートをしまうとどうなるでしょう】

 

ワンシーズン着たコートはクリーニングに出しましょう。

 

汚れっぱなしでクローゼットにしまうと、不衛生です。汚れには、見た目でわかるシミ、色付き汚れだけ

 

でなく、目には見えない汗や皮脂や雨、細かいホコリさまざまな種類が有ります。これらを付着させたま

 

まにしておくと、汚れは沈着してしまい目立つようになります。見えていなかった種類の汚れは黄ばみや

 

黒ずみとして浮いてくることもあります。これは酸化によるものです。酸化すると、嫌な臭いも発生しま

 

す。また、次着ようとしたときにカビが発生してもう着られない!という状態になってしまうかもしれま

 

せん。さらに、汚い環境というのは虫も発生しやすくなるので他の服にまで被害が及びやすくなります。

 

穴を開ける虫だけではなくダニの温床にもなりやすいので、ハウスダストの原因にもなります。冬が終わ

 

ったらコートを清潔な状態にして収納しましょう。

 

【コートに汚れが付いてしまったら】

 

汚れが付いてしまった場合は自分でどうにかしようとするより、早めにクリーニングに持っていったほう

 

がコートは長持ちします。ゴシゴシこすったり、水を含ませたりしてしまうと、きれいになる可能性のあ

 

った汚れでも取れなくさせているということもあります。吸収出来そうな汚れはハンカチやタオルで吸わ

 

せ、ひどい汚れはポンポンと叩いて応急処置をして、クリーニング屋さんへおまかせしましょう。

 

【コートの種類や素材によってクリーニング方法は違います】

 

ダッフルコートは、留め具(トグル)が複雑になっているのでクリーニング屋さんは保護してからクリーニ

 

ングします。

 

トレンチコートは、ベルトは破損しないように別料金であったりベルトを外してからの取り扱いであった

 

りします。

 

ダウンコートは、最近では水洗いOKと表示されている製品もありますが、長持ちさせたい場合はクリーニング店へ持っていきましょう。ダウンコートは保温性が強い製品です。したがって通気を遮断させており、非常に乾きにくいです。クリーニング店で乾かせば元のふんわりした感触で仕上がります。

 

モッズコートやダッフルコートなどによく使われている、ウール(羊毛)やカシミヤ、アルパカ、アンゴラなどの高級素材、またポリエステルなどは水洗いしてしまうと縮みますのでドライクリーニングをします。せっかく何年も着ることのできる定番のアイテムでも、高級で上質なコートでも、縮んだり伸びたりしてしまっては着られなくなってしまいます。特に、カシミヤ、アルパカ、アンゴラなどはウールに比べてもより繊細です。汚れがひどい状態でクリーニングに出してしまうと、激しい洗い方をされて質が保てないこともあります。知識の豊富なクリーニング屋さんにお願いしましょう。

 

ファーや毛皮、皮革のコートは取り扱いが難しく、料金は高額となります。ファーなどはパウダークリーニングという特殊な方法を用いたクリーニングとなります。特殊な粉で汚れを優しく細かく取り除きます。

 

【コートクリーニングの値段の相場】

 

それぞれのコートに合った洗濯方法で特殊な洗い方をしなければならないので、普通のクリーニングに比べて高い金額がかかります。コートの相場は1000円から3500円ほどです。ただし、ファーや毛皮、皮革製品は1万円を超えることもあります。

 

高額に思えますが、コートの購入価格はそれ以上かかるものです。ほかの服のように毎年何着も買い替えられる方は少ないと思います。クリーニングはプロにお願いして長く着られるようにしたほうが結果的には安く済みます。

 

また、カジュアルだけでなくフォーマルでも活躍できるコートは多いです。突然のフォーマルな場にも慌てなくても良いようにクリーニングに出しておきましょう。

 

各クリーニング店によって特典、ポイントが付くなどお得なキャンペーンが開催されていることもあります。また、クレジットカード対応の店もあります。

 

【クリーニング店のオプションを使えばコートはもっと長くもつ】

 

クリーニング店では汚れを防ぐ加工をしている場合もあります。例えば撥水加工を施せば、水分による劣化が緩やかになります。コートは特に雨や雪にさらされやすい為、撥水加工のオプションがあれば是非プラスしておきたいものです。また、汗抜き加工は、ドライクリーニングが不得意な汗汚れを特殊な方法で取るものです。汚れとともに悪臭も抜けますから、シーズン終わりにはやっておきたいです。

 

【長くコートと付き合うためにクリーニングしましょう】

 

コートは定番な形のものが多く、何年も着られます。より長持ちさせるためのコツは、良い状態を保つことです。良い状態に保つ秘訣は、汚れさせない、伸ばしたり縮めたり生地を傷めないという点です。その為に、汚れたり、次の冬までクローゼットに入れるのであればクリーニングに出しましょう。正しいクリーニングをすればコートはふんわり上質に保つことができます。


このページの先頭へ