MENU

画像

皆さんは何の目的でコートをクリーニングに出そうとお考えですか?

 

 

 

お気に入りのコートをまた来シーズンも着たいと思い、クリーニングに出す方は多いと思います。

 

 

 

クリーニング店ごとで、様々な種類のクリーニング方法があり、どれにすればいいか悩む方も多いと思います。

 

そんな悩みを解消できる、押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。

 

 

 

・コートは基本ドライクリーニング

 

 

 

これを知っていれば悩み解消といっても過言ではありません。

 

 

 

クリーニング店でコートをお願いするときに、何もオプションをつけずに出したら、基本ドライクリーニングされます。

 

 

 

コートは基本一番上に着る服なので、車の排気ガスのススや、風に巻き上げられたホコリや、大気中にある油分など目に見えない汚れが付着しやすくなってます。

 

 

 

ドライクリーニングは油汚れのみ落とすイメージがあると思いますが、こういったススやホコリの汚れも落としてくれます。

 

 

 

これを踏まえてコートをクリーニングに出すポイントとしては・・・

 

 

 

「タンスにしまう前に出す!」

 

 

 

です!

 

 

 

冠婚葬祭で1度着ただけなので、クリーニングしなくても大丈夫だと思う方もいると思いますが、1度出かけたら目に見えない汚れが結構付着してます。

 

 

 

冬〜初春にかけて花粉も付着したり、空気中に飛散してるウイルスも付着するので、クリーニングせずにタンスにしまうと、他の洋服に付着したり、菌が蔓延する可能性もありますので、タンスにしまう前には必ずクリーニングしたほうがいいです。

 

 

 

毎日来ている方はシーズンの終わりには必ずクリーニングに出しましょう。

 

 

 

・コートに目に見える汚れが付着した場合

 

 

 

コートには色々なシミや汚れが付着する機会が多いです。

 

ファンデーションや口紅、食べ飲みこぼし、自転車のタイヤの汚れや、スソを地面に擦ってしまったり、嘔吐物がついてしまったりと色々なパターンがあると思います。

 

 

 

ここで押さえておきたいポイントとしては・・・

 

 

 

「通常のドライクリーニングで目に見える汚れやシミは落としきれない可能性が非常に高い!」

 

 

 

です!

 

 

 

なぜか・・・?

 

 

 

そもそもコートをドライクリーニングする理由で1番に来るものは、コートを傷つけずに洗うためです。

 

 

 

ドライクリーニングの長所は衣類にとって優しい洗いができる点です。

 

 

 

コートは高価なものが多く、特別な洗いをお願いしない限り、クリーニング店ではドライクリーニングをして極力ダメージを与えない洗いをします。

 

 

 

そしてここでドライクリーニングの短所なのですが・・・

 

 

 

「目に見える汚れにめっぽう弱い!」

 

 

 

です。

 

 

 

ドライクリーニングは生地にダメージを与えずにクリーニングできる長所がある反面、目に見える汚れに対してはあまり期待できません。

 

 

 

油溶性の汚れであるファンデーションは落としきれる可能性は高いですが、水溶性の汚れは落としきれません。

 

 

 

・コートをクリーニングする際のオプションの選び方(汚れ編)

 

 

 

クリーニング店の店頭に立つ受付スタッフは、100店舗あったら100店舗のスタッフの知識力は天と地ほどの差があるといっても過言ではありません。

 

 

 

クリーニングに出すときに自分が何の目的で、何のために出すかでオプションを「自分で」選ぶ必要があります。

 

 

 

特に目に見える汚れもなく、コートを着用するシーズンも終わりでしたら通常のクリーニングでいいと思います。

 

 

 

着用中に雨で濡れたり、汗がにじんだりした場合はすぐにクリーニングにお出しする事をおススメします。

 

 

 

そして水溶性の汚れが発生した場合、クリーニング店でのオプションの名称も様々ですが、ウェットクリーニングをしてもらいましょう。

 

 

 

水溶性の汚れは大気に触れることで、酸化が始まり黄ばみになる可能性があるので、必ずウェットのオプションを付けることをおススメします。

 

 

 

頑固な汚れが付着したコートをキレイにしてほしい場合は、しみ抜きコースやDXコースなど高い料金を払ってでもやってもらったほうがいいでしょう。

 

 

 

・コートをクリーニングする際のオプションの選び方(保管編)

 

 

 

皆さんはコートを保管する際どのようにしていますか?

 

 

 

クリーニング店によりけりですが、オプションで洋服を保管してくれるクリーニング店もあります。

 

それは保管の仕方が重要だからだということです。

 

 

 

次のシーズンまた着ようと思うなら保管してもらうのも手です。

 

 

 

コートは紫外線にあたるだけで変色したり、湿度や温度の加減でカビが生えたり、虫食いが発生したりなど、保管する際に色々と気をつけなければならない点が多いです。

 

 

 

保管のオプションの種類は様々ですが、先ほど述べたクリーニング店で保管してもらったり、通気性のいい防虫加工された包装フィルムで仕上げてくれたり、防虫&防カビ洗い等様々あります。

 

 

 

保管方法についてはクリーニング店によりけりなので、店頭スタッフに相談することをおススメします。

 

 

 

自宅で気をつけないといけない点は、高温多湿は必ず避け、直射日光の当たらない場所で保管してください。

 

 

 

以上、コートをクリーニングに出す際に知っておきたいポイント紹介させていただきました。

 

参考にしていただければと思います。


このページの先頭へ